b Construction

記事一覧

B工事に関して気をつけたい事

お店や事務所を借りる場合、基本的に内装工事を行います。この内装工事を行う際に気を付けたいことがA工事、B工事、C工事と、工事の区分によって違いがあるということです。A工事とは、物件のオーナーがオーナー指定の業者でオーナーが費用負担して行う工事です。C工事とは、物件の借主が借主指定の業者で借主が費用負担して行う工事のことになります。あえてB工事を残しましたが、B工事とは物件のオーナー指定の業者で物件の借主の費用負担で行う工事のことです。
なぜ、こういった分類が起きるかというと、B工事は物件のオーナー的には必要ないが、借主側では必要な内装工事が起きるからです。例えば、新規にスプリンクラーを設置したり、上下階を借りる場合に階段を設置する必要があるときです。空調、電気・照明、防災などのビル設備に対する移設や増設工事がB工事という区分となります。
そして内装工事を行う場合、このB工事に関してトラブルが発生しやすいといわれています。オーナー指定の業者からの見積もりを待たずに、一般的な見積額を想定して賃貸契約を交わした後に、オーナー指定の業者から法外な見積を出されるというケースが発生しています。法外と感じているのは借主側の主観で、実際に必要な金額の可能性もありますが、賃貸契約を交わした後になりますのでその見積もりはそのまま請求されてしまうというわけです。

「A工事」「B工事」「C工事」を知る

専門用語は多くの業界で使われていて、意味を凝縮した言葉を使うことで仕事の効率も良くなります。関係者以外の人が聞かない言葉であれば、一種の暗号のような雰囲気も出せます。ビルなどにお店を出すときや事務所を引っ越す際、正に暗号めいた言葉と出会うかもしれません。その言葉がA工事、B工事、C工事です。テストの文章問題に出てきそうな表現ですが、一体何を示しているのでしょうか。
普段の生活では聞かないような言葉ですが、当たり前に使っているのが建築業界です。A工事、B工事、C工事は工事区分のことです。工事の発注や費用の負担、業者の指定、完工後の所有権はオーナーとテナントのどちらにあるのか、その組み合わせによって分けられたものです。
A工事はオーナー主体で進められ所有権もオーナーに、C工事はテナント主体で進められ所有権もテナントになります。B工事に関しては、テナントが工事の発注と費用を負担します。建物の重要部分の工事もあるので、業者の指定や完工後のほとんどの所有権はオーナーにあります。
また、建物によって工事区分が異なるので詳細の確認は必要です。言葉は様々な使われ方をします。それが知らない専門用語であっても、理解しておけば自分を助けてくれる存在になるかもしれません。

B工事ってどんな工事?

B工事という言葉は、オフィスに移転したり、大型ショッピングセンターにテナントとして出店する際に使われます。B工事と聞いて、BがあるならA工事やC工事もあるの?と思われる方もいるでしょう。もちろん、答えはイエスで、誰が主体となって工事を行い、そして、誰が工事の費用を負担するのかというこの2つの組み合わせによってA工事・B工事・C工事が存在しているのです。
今回は、その中でもB工事について紹介するので、参考にして下さい。【賃借人が費用を負担し建物所有者が工事業者を指定する】B工事は、建物所有者が主体となって工事を行い(工事業者を指定し)、賃借人が費用を負担するという組み合わせの工事です。その工事内容は、照明や、防災、空調設備などで、ビル全体の設備に関するものとなっています。
注意したいのは、B工事によって設置されたこれらの設備の所有権は、建物の所有者に与えられるという点です。費用を払う貸借人のものにはならないのです。なぜなら、工事を行った場所がそもそも借りているところだからです。
また、工事業者を指定するのが建物所有者なのは、B工事は建物全体に影響を与える重要なものなので、貸借人が自由に工事業者を決めることが許されないのです。以上が、B工事の説明になります。


オーナーさん必見のB工事
なにかと面倒なB工事はこちらにお願いしましょう。マンションやビルなどのオーナーさんにはありがたいサービスが充実しているので、ぜひ。

最新の記事

A工事とB工事やC工事の違いとは

オフィスの工事には区分があり、ABCと分類されています。A工事とB工事及びC工事にはどのような違いがあるのかわらかないという声も少なくありませんので、これからそれぞれの違いを解説していきたいと思います。まずA工事はB工事やC工事とは違い…

MORE

B工事はここに注意

自宅などの工事は業者選びも費用負担も全て自分達で行うことになります。しかし、オフィスなどの場合にはそうではありません。オフィスの工事はオーナーがお金を出し業者を選んで行うA工事と、入居者が行うB工事及びC工事の3種類が存在します。特にB…

MORE

B工事、種類の違い

B工事って言われてもピンと来ないと思います。自分もB工事なんて言われても初めは全然ピンと来ませんでした。違いはですねA工事はビルなどで例えるとビル本体の工事の事を指していてビルのオーナーが直接手掛ける工事みたいです。そしてB工事はテナン…

MORE

B工事特徴と注意点

テナントの内装工事?どれも一緒じゃないのって思っている人もいっぱいいると思います。しかし、工事にも色々な種類の工事があるみたいですね。その中で今回はB工事と言うものにスポットを当てて行きたいと思います。工事にはA工事、B工事、C工事と色…

MORE

トピックス

  • A工事とB工事やC工事の違いとは

    オフィスの工事には区分があり、ABCと分類されています。A工事とB工事及びC工事にはどのような違いがあるのかわらかないという声も少なくありませんので、これからそれぞれの違いを解説していきたいと思います。まずA工事はB工事やC工事とは違い…

    MORE

TOP